おやじ、ワゴン墓場で待ってる – 「ドラゴンクエスト10 目覚めし五つの種族」

プスゴン討伐ドラゴンクエスト10 目覚めし五つの種族(スクウェア・エニックス 2012)

連日深夜までの労働を終えた後、アストルティアでLv上げとメインクエストという名の労働をしこしこする俺。ブヨンのパーツセットを組み替えてなんとか鳥山風に見えなくもないボス・プスゴンを討伐。これでキーストーンは5つになった。

このプスゴンの姿と部屋のレイアウトを見て、おれはかつてWiiで発売されたゲーム「キャプテンレインボー」、そのキャラクターの一人”キャサリン”を思い出したのだった。

キャプテンレインボー。任天堂歴代のキャラクターが勢揃いし、夢のコラボレーションを繰り広げ、さながら裏「スマブラ」とでもいえるADV。任天堂パブリッシャーにもかかわらず、びっくりするくらい売れなかったが、CERO Bのレーティングから解るように、かつてなく”攻め”たビデオゲームだったのだ。

リリースから4年。「キャプテンレインボー」は量販店のワゴンで、貴方に手を取られる日を今も待ち続けている。

今日の足払い

どくやずきん足払い

あばれこまいぬ足払い

どくやずきん、あばれこまいぬと俺。けんぽうぎのせいで若干「風邪ひいてまんねん」感がある。

俺たちは天使だ! Vol.1 [Blu-ray]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です