SLIME BALL「THE POINT IN TIME」LP

THE POINT IN TIME

THE POINT IN TIME

僕は基本的に、音楽を聴きながら仕事をする。いつからそうだったか覚えていないけど、プログラム的な作業をする時はミニマルとかハウスとかエレクトロとか、そういう音楽を聴くとやたら集中して、サクサク素早く仕事がはかどる。

逆にゲーム性とかシナリオとか、いわゆる企画的な作業をするときはロック的なものを聴くと何故かピカーッと閃く事が多い。

で、今日はとある仕様についてゼロからシステムを考えなくてはいけない仕事が入ってきたので、この「THE POINT IN TIME」を聴いて仕事をしてみた。

んで、結果、すごいいいネタ思いつきましたよ。ローテーション入り確定。

僕はSherbetが死ぬほど好きだったので、Slimeballに岡田さんが入ってからの初音源のこのCDはめちゃくちゃ楽しみにしてた。このメンバー構成でSherbetを考えないことなんて出来るわけがないので。で、いざ聴いてみると、あの懐かしいマコさんとの掛け合いは相当グッとくるものがあったし、声質も年月を感じさせないくらい「そのまんま」だった。だけど音的にはすごいマッシヴになっていて、ちゃんと今の生きているバンドなんだなぁ、と感じることができてよかった。

ただ、とても失礼な事だけど、それでもまだSherbetを神格視してしまっている所が僕にはある。だってそれほどまでにあのバンドが最高すぎたんだよ。ホントに。さ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です