滝本晃司「100の月」LP

100の月

100の月

現実世界は目が回るような危機的状況ですが、音楽は毎日聴いてますよ。

元「たま」*1のベースだった滝本晃司さんの2ndソロアルバム。あの4人の中では最も地味だったので「バンドは知ってるけどどんな曲作ってたっけ」って人がかなり多いんだけど、実は隠れ(じゃないけど)た屈指のメロディメイカーだったりします。声もまた渋い/甘い。

ソロアルバムだってことで、あの超オリジナルかつ完璧なサウンドこそないですが、その分この人の声と歌が際立っていて、実はこのアルバム相当な傑作だったりします(主観ですけどね)。

昨日のフジファブリックのアルバムが「寝てたら悪夢見ますよ」って言いましたが*2、このアルバムは逆に「寝る時にホットミルクを飲まなくてもコレ聴けばほとんど朝まで熟睡(@吉良吉影)」できますよ。

*1:「またか!」ってのは言わない約束で

*2:実際、昨日本当にスゴい悪夢を見ました。学校でテストを受けて、100点取らなきゃ頭をショットガンで打ち抜かれる、っていう。30人くらいいて、僕を含めその全てが完熟トマトみたいに頭がグズグズになってました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です