「ほぼ日」で

MOTHER3のリリースがほぼ決定した、という話が書いてありましたね。

もう「2」が出てから10年以上経過して、僕自身の環境もかなり(というか相当)変わって、このゲームとの距離感も変化してきました。

当時ただ漠然とゲーム業界に進みたいと思っていた中2から、その夢叶い(相当の運もあり)業界の片隅(?)で必死にゲームを作っている今。また、このゲームに対する気持ちもかなりの変化がありました。阿呆のような単純さで「俺もMOTHERを作るんだ」と悶々としていた昔と、それを超える物を作る事を目標としている今*1。そう思うと、この10年っていうのは本当に長かったなぁ、としみじみ思います。

今はなんとなく、「昔ほどの感動とか期待とか、そんなもんを持ったりはしないんだろうな」と思っていながらも、多分実際に遊ぶ時、プラットフォームがGBAなのにも関わらず、自分の部屋で、持っている中で一番高いヘッドホンを着けながら100%本気で遊ぶんだろうな。そんな気がします。

*1:皮肉なことに、作品と自分の距離が縮むほどにその思いが強くなったような気がします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です