昨日の「ハイ・フィデリティ」で

 後半やっと気付いたこと。

 原作の舞台はロンドンなのだけど、どうやら映画版の舞台はシカゴらしい。とはいえ、正直劇中の雰囲気に(主人公の経営するレコード店が特に)アメリカらしさは全く無い。僕が上の設定変更に気付いたのはセリフで「シカゴの」って出た瞬間だったし。

 別に無理に設定変更する意味無かったんじゃないの?この設定に気付いてからちょくちょく違和感を感じることも出てきてしまったし*1

*1:どうもアメリカ人の口からマッシヴ・アタックって言われてもピンとこないんだよなぁ。実際はどうか知らないけども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です