The Yardbirds「Five Live Yardbirds」

Five Live

Five Live

クラプトン、ベック、ペイジがかつて在籍していた、UKロック界のチームドラゴン。このライブ盤はキャリア上では正式な1stアルバムにカウントされているという、世にも珍しい一枚。この時はクラプトン在籍だったこともあって、ヤードバーズのアルバムの中でも最もブルース色が強いように思える。

ところで、なんとなく、そろそろ何回目かのマージービートブームが来そうな気がする。

The Yardbirds – Louise


D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です