この街は僕のもの

0_0

0_0 (1)

0_0 (2)

0_0 (6)

0_0 (4)

0_0 (7)

この街には全てがある。

そしてこのゲームの、あらゆる全てが”街”なのだ。

美しいビジュアルも、数え切れないほどのミッションも、アホほど作り込まれたミニゲームの類いも、クレイジーなNPC達も、その全てが街のためにある。

このビデオゲームにおいて、最も饒舌で、最も表情豊かで、最もプレイヤーの心を掴んで離さないのは、トレバーではない。

サンアンドレアス州、それそのものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です