IGF 2012ファイナリスト発表

f:id:deadman:20120111232255j:image

参照:The 14th Annual Independent Games Festival

今年のThe Independent Games Festival (IGF)のファイナリストが確定。それぞれの部門のノミネートと、個人的に気になったゲームのトレーラーをメモ的にピックアップしたい。

Excellence In Visual Art部門

  • Botanicula (Amanita Design)
  • Dear Esther (thechineseroom)
  • Lume (State Of Play Games)
  • Mirage (Mario von Rickenbach)
  • Wonderputt (Damp Gnat)

ある意味一番インディーらしさが出る部門かも。MachinariumのAmanita Designの新作「Botanicula」あたりが有名かな?個人的には、カービィボウル・ミーツ・テリー・ギリアムなFlashゲーム「Wonderputt」が超オススメ。「Dear Esther」は元はHalf-Life 2のMod。


D

Technical Excellence部門

  • Antichamber (Demruth)
  • Fez (Polytron)
  • Prom Week (Expressive Intelligence Studio, UC Santa Cruz)
  • Realm of the Mad God (Wild Shadow Studios & Spry Fox)
  • Spelunky (Mossmouth)

言わずもがななメジャータイトル「FEZ」の全方向に高水準な実装と、「Spelunky」の絶妙なプロシージャルレベル生成はすごい。他のタイトルについては未プレイなのでなんとも。


D

Excellence In Design

  • Atom Zombie Smasher (Blendo Games)
  • English Country Tune (Stephen Lavelle)
  • Frozen Synapse (Mode 7 Games)
  • Gunpoint (Tom Francis, John Roberts and Fabian van Dommelen)
  • Spelunky (Mossmouth)

純粋なゲームデザインの良さで評価するこの部門。遊んだことのあるタイトルは「Atom Zombie Smasher」「Frozen Synapse」「Spelunky」。独特のプレイフィールの「Frozen Synapse」は既に去年、いくつかのメディアのGoTYタイトルを獲っているほどの実力派。個人的には、未リリースゆえに遊べていないけど、シャレオツピクセルグラフィックの「Gunpoint」がずっと気になってる。


D

Excellence In Audio部門

  • Botanicula (Amanita Design)
  • Dear Esther (thechineseroom)
  • Pugs Luv Beats (Lucky Frame)
  • To The Moon (Freebird Games)
  • Waking Mars (Tiger Style)

情報が特に見当たらないけど、Amanitaの「Botanicula」は今回もTomas Dvorak氏がコンポーザーなんだろうか。僕はDvorak氏の大ファンなので、だとしたら大期待。ただ、「Botanicula」含め、チルウェイブ/アンビエント風な曲が目立つ。このあたりは去年/今年らしいといえばらしいかな。

2012/01/13追記

「Botanicula」のコンポーザは、同郷(チェコ)の二人組バンド、DVAとのこと。id:exp777さん情報ありがとうございます!このDVAというバンド、何語でもない独自の言語でボーカルを歌わせたり、環境音、食器の割れる音、缶および瓶の衝突音を多用したりと、実験的な作風で知られているみたい。DVAのbandcampサイトはこちら


D

Best Mobile Game部門

  • ASYNC Corp (Powerhead Games)
  • Beat Sneak Bandit (Simogo)
  • Faraway (Steph Thirion)
  • Ridiculous Fishing (Vlambeer)
  • Waking Mars (Tiger Style)

秋に出すはずだった「Faraway」はいつ出ますか。

 

Nuovo Award

  • At a Distance (Terry Cavanagh)
  • Dear Esther (thechineseroom)
  • Fingle (Game Oven Studios)
  • GIRP (Bennett Foddy)
  • Proteus (Ed Key and David Kanaga)
  • Johann Sebastian Joust (Die Gute Fabrik)
  • Storyteller (Daniel Benmergui)
  • Way (CoCo & Co.)

アブストラクト、ショートに遊べる、および独創的なタイトルを表彰するNuovo Awardは、例によってキワモノ揃い。とはいいつつ、iPadで遊ぶ「Fingle」はルールが明快、みんなで楽しい、バーでのナンパに使えそうなシンプルな一品。

 

という感じで

正直、ここ1年は猫も杓子もバカもインディーインディーうるさい昨今だけど、作り手のイマジネーションはまだまだ枯れない感じが良い。まずは(おそらく)もうすぐリリースのFEZ、3月にリリース予定のGunpoint、そして上記にはないけれど1/17にリリース予定のDustForceに期待してます。

“IGF 2012ファイナリスト発表” への 2 件のフィードバック

  1. はじめまして、情報ありがとうございます!
    amanita公式に乗っていた情報を見落とすとは…。
    追記させていただきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です