シャレオツ気取りを打ちのめせ「Dead Island」


D

開発の発表からかなりの間追加情報もなく、そのタイトルすら忘れ去られようとしていたB級タイトルにもかかわらず、上記の非常にウェットかつ美しいトレーラーでゲーマーのみならず映画ファンまでも虜にしたDead Island。

そんなDead Islandの日本語無修正版が、俺たちのズー様からリリースされたのでプレイ中。

f:id:deadman:20111029005150j:image:w640

いい景色!

f:id:deadman:20111029005151j:image:w640

グロ!

f:id:deadman:20111029005153j:image:w640

いい景色!

f:id:deadman:20111029005152j:image:w640

グロ!

f:id:deadman:20111029005154j:image:w640

川谷拓三!

前述のトレーラーだったり、南国+ゾンビっていう組み合わせもあって、「サイコー!」的な感想が散見されるけど、実際ゲームとしての完成度・クオリティは面白いんだけど、そこまでじゃない。NPCの顔パターンは少ないし、ゾンビとの戦闘も遠距離攻撃ができない序盤はかなり単調。特に”Thug”と呼ばれる小ボスとの戦闘は、「殴る」>「バックステップ」の、びっくりするほどユートピア!状態。*1もはやギャグ。

ただ、さすがにゾンビの部位破壊とそれに伴うモーション変化、舞台となる「バノイ島」のスカっとした心地よさは文句なしにすばらしい。遠景の書き割り感も少ないし、南国でゾンビ殺しに興ずるのは問答無用に楽しい。

また、基本的なシステムも目新しさこそないけれど、安定はしている。メインクエストをたどりつつ、周辺で連鎖的に発生するサブクエストの消化で、広いマップを徐々に踏破する流れのスマートさ。トレハン要素の高い武器ドロップ(形容詞+武器名)と、レベルとスキルツリーの概念も、この手のゲームで飽きた瞬間超ウンザリ、な雑魚戦に意味を持たせ続けることができているし。ちょい微妙ゲーの代名詞だったTechland、今回は一番いい仕事をしたんじゃあないだろうか。

ただ気になる点が二つ。動く死体であるはずのゾンビが溺死しちゃう点と、ゲームに登場する男キャラが軒並み昭和の名優そっくりなのは何故だ*2

DEAD ISLAND 日本語版

DEAD ISLAND 日本語版

*1:一応Fury発動とか爆発物で殺す、とかあるけどもったいない。

*2:上記の川谷拓三含め、加山雄三、松方弘樹…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です