インディータイトルメモあれこれ

今日知った&調べたインディータイトルをメモ。

フリーガンシューティング「ガンロード」

シューティングツクール’95制国産フリーゲーム。むっちり系ガール勢揃いのアーリー90’s臭がする軟派系ガンシューティングと思いきや、ゴア/スラッシャー要素満点のスティールガンナー風ハードコアタイトルだった。


D

2Dアクション+ガンシューティング「奇譚イワナガ」


D

上記同様、シューティングツクール’95制、純国産のアクションシューティング。「罪と罰」を彷彿とさせる、ガンシューティング+2Dアクションの操作体系。また、「ぐわんげ」に強く影響を受けたであろう演出・世界観がまた素人離れしている。特にプレイヤーキャラの自弾の加速度のかけかた、各種エフェクトの間の取り方に素晴らしくセンスを感じる。動画を見るだけで気持ち良いのがわかる。

現在、開発者の方は奇譚イワナガを3Dでセルフリメイク中の模様。

NIDHOGGがWinnitronでプレイ可能に

Nidhogg Trailer! from Kert Gartner on Vimeo.

個人的に今(どころかここ数年)一番注目しているインディー対戦ゲーム「NIDHOGG」。GDC2011のnuovo awardの大賞を取るなど、インディータイトルとしては最高クラスの評価を受けているタイトルなんだけど、いつまでたってもリリースされる気配が無かった。だが今度の土曜日、インディーゲームが遊べるアーケード(!)マシン「Winnitron」にインストールされる、という情報が。当然ながらWinnitronは実機なので、設置されている場所に直接行かなければ遊べない。つまり僕も実際に遊ぶ事はできないのだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です