カードヒーローの続編

任天堂カンファレンス、僕は行かなかったが、会社の人から聞いて大喜びしたのが「カードヒーロー」がDSでリリースされる、という話。

学生時代、このゲームのシステム&世界観の極めて高い完成度と、当時では非常に優れていたチュートリアルの導入と構成を毎日のように周囲に諭していた時代からもう7年。時代の速度を感じるとともに、思わず声を出して「マジすか!」と喜んでしまう僕がまだ当時と変わらずゲームを好きでいる事に少し安心した。のだけど…。

http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20071010/niss2.htm(記事下から2番目)

前作が売れなかった理由としてよく言われていたのが、「カードとキャラのデザインが子供向け過ぎる、ダサい」事だったから、この選択は仕方ないとは思うけど、僕は逆に新作のデザインこそ「子供向け」で「ダサい」と感じてしまう。前作はあのデザインを選択した強い思想があったはずだ(少なくとも僕はそう感じていた)。

といった複雑な心情ながら、あの優れた作品とゲーム性*1がより多くの人に届くことはなにより素晴らしい事だ。そして僕もきっと発売日に買うだろう。バカのように遊ぶだろう。

*1:SSを見る限りシステムに大きな変更はなさそう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です