高野文子「絶対安全剃刀」

絶対安全剃刀―高野文子作品集

絶対安全剃刀―高野文子作品集

僕が自分に圧倒的に足りていないと思っている「演出」力を学ぼうと思って、最近本棚の奥から高野文子作品を引っ張り出しては読んでいる。

ちなみに何故か、最初期の短編ばかり集められたこの作品集を読むと、僕は必ずといって良いほど、「田辺のつる」を2回読んでしまう。作品的に特に難解だというわけではなく、むしろ比較的解りやすい題材、プロットなのにもかかわらず。僕がついそうしてしまう理由、きっとそこに僕の足りないソレがあるんだろーな、と思いながら、やっぱり今日も2回読んでしまった僕なのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です