重機人間ユンボルの終わりに

こんなにも面白くてトリッキーでパンチの効いたマンガ*1だったのに、悲しいかな大方の予想どおり終了。

面白さを理解できない読者がバカなのか、子供(と一部の女子)が読むマンガ雑誌の人気傾向に異を唱えるいい大人の僕がバカなのか、はたまた編集者がバカなのか。

切ないのは、「ユンボル」しかり「みえるひと」しかり読みきりから一切音沙汰がない「真波プー」先生しかり、僕が愛してやまない人、作品がジャンプ的には評価されないという、僕と彼らの嗜好に大きな溝が出来ていることを、何度目か分からない位のもう一度、容赦なく認識させられた事だ。

最後の最後、遠くを見つめるバルの佇まい。

僕はその姿に、同じく愛してやまないタイム涼介的な青さと清々しさを感じて、たまらなくなった。

国はひとつの命から生まれるってな
(中略)
オレ達道を作り続けるだけよ

*1:この作品、というか武井宏之先生の言葉遊びが死ぬほど好きなのだ僕は

“重機人間ユンボルの終わりに” への 1 件のフィードバック

  1. 僕も「みえるひと」 「重機人間ユンボル」がすきでした・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です