V.A.「Across The Sea -A Tribute To Weezer-」LP

大量に出回っている物といえば、ボブ・ディランのブートレグかWeezerのトリビュートか、とよく言われる(ごめん後者は言い過ぎた)。で、その大量に企画されているWeezerトリビュートの2003年日本企画盤。

参加しているのはCORNER(磯部正文(ex.HUSKING BEE))とか、Natsumenとか、つばきとかComeback my daughtersといった、なかなか渋い人選。Hermann H.& The Pacemakersやクリンゴンも名を連ねていて、アレンジの触れ幅も大きくてなかなか面白い。

僕はWeezerのトリビュートをいくつか持っているけど、中でもこのCDに収録されている、Reachの”I Just Threw Out The Love Of My Dreams”が好きで好きでたまらない。原曲自体が「何でアルバムに未収録なんだろう」って位に良い曲でもあるんだけど、それよりもReachのアレンジがもう、ビックリするほど最高なんだよ。ホント。

普通トリビュートの楽しみ方は元々好きな曲にアレンジがされたことで違った角度から楽しむ、って事だと思うんだけど、これに限っていえば原曲より全然カッコよくなっちゃってるのが凄く気に入ってる。

まるでコナミのグーニーズ!まるでカプコンのスウィートホーム!まるでカプコンのエイリアンvsプレデター!(これはちょっと違うな)

▼これがそのReach編曲の”I Just Threw Out The Love Of My Dreams”。ちなみにこれ、曲を借りてオリジナルのビデオクリップを作っているみたい。演奏している人はReachじゃないです。謎の人々。


D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です