銀河ヒッチハイク・ガイド

相当久しぶりに、「あー僕はもうこの人とは仕事したくねーなー」と本気で思ってしまう人間ができてしまった。その人と同じ会社で働いてもう3ヶ月くらい経つんだけど、昨日の打合せで拒絶反応が出てしまった。

自分自身に実績もキャリアもない上(スキルは中の中)、社内のプログラムチーフの茶坊主をやっているだけなのに、ここ最近の調子の乗りようが尋常じゃなく、入社3ヶ月の人間とは到底思えない。いくらヒエラルキーのあまり無い会社だからって、自分より3つも上の先輩にとる態度が(僕に対してではないけど)もうありえない。僕は集団でひとつのゲームを作る、という上で、仲間に対してリスペクトをしない人間が信用できないし大嫌いだ。

…なんて、もう丸一日以上経っているのにまだイライラしているので、今日はとにかく楽しい映画を観ようと、「銀河ヒッチハイク・ガイド」を選んでみた。

僕は原作小説を5編全部読んでいるほどファンなんだけど、映画を観るのは実は今日がはじめて。なので、まず思ったのは「あーヴォゴン人ってこんな形してんのかー」とか「”無限不可能性ドライヴ”をこういう風に映像化したのかー」という阿呆っぽい感想。でも実際、絶妙な力の抜き具合が、原作独特のノリを壊すことなくまとめきっているのが凄い。

やっぱUKギャグは最高。ハイブローなくせにバカバカしくて。

ちなみに、有名な話ですが、Googleで『人生、宇宙、すべての答え』と入力すると、電卓でとある回答が出てきます。

これ、この「銀河ヒッチハイク・ガイド」が原典。「わかるヤツだけわかればいい」っていうネタ、最高。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です