映画「ゲド戦記」の

トレイラーを初めて見たんですけど、原作本の3巻をベースにしてるみたいですね。テルーも見たんですが、ヤケドの跡がソフト過ぎじゃないですか?眼もちゃんと残ってるし。あの傷跡のエグさこそ話的に重要だと思うんだけど…。まぁ原作の描写を忠実に再現したら、もの凄い半身になってしまって、「マーケティング的にヤバい」っつう判断だと思いますけどね。ヌルいよなあ。

そんな判断をされて作られてきたゲームを何本も遊んできたので、いい加減僕も慣れていいはずなんだけど、でもやっぱり「もっと冒険してくれよ!」って僕は毎回思ってしまう。

理屈では解ってるんだけどさあ、でもさあ、トラウマになるくらいの、もの凄いインパクトを僕にくれよ!ってのがいつもあるワケです。小学生に観た「はだしのゲン」(記憶が正しければ)のワンシーン、ピカドンによってみるみる溶けていく女学生の全身像と同じくらいのトラウマをもう一回くれよ!いまだに夢に時々出てくるんだよ!すげー怖いんだよ!描き込みすごすぎるんだよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です