面接の帰りに2枚買ってきた

ULTRA BLUE

ULTRA BLUE

宇多田のは予想通りの高クオリティでベネ(良し)。だらだら聴いても「本気度高いなぁ」ってちゃんと感じられるのがすごく良い。ちなみに、このアルバム全体にIDM/クリックっぽさを若干感じた僕の耳は正しいのか?腐ってるのか?

もう一枚の「ベスト・オブ・マカロニ・ウエスタン」はたまたま見つけて買ってきたんだけど、「久し振りに僕いいの見つけたな」って感じの一枚。埃と汗と血の香りが漂ってくる最高の寄せ集めトラック集。マジでいいよ、コレ。

これとニール・ヤングの「Dead Man*1の2枚を聴けば、君も漢に一歩も二歩も近づけるぞ!!(すごいお仕着せ)

*1:個人的にこれがベスト・サウンドトラック。ちなみに僕のHNの元だったりする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です