今僕が読むのを楽しみにしているマンガ

コミックビーム連載、タイム涼介「あしたの弱音」。

イマイチうまく説明できないんだけど、これがまたもの凄く面白い。

内容を簡単に説明すると、絶滅寸前のツッパリ(作者解説)である14歳のチョンマゲ主人公”弱音”を中心とした学園モノ(?)のギャグマンガ。なんですが、ここ最近の”弱音”の放つセリフ群がいちいち目茶苦茶カッコ良くて驚かされっぱなし。阿呆のような言い方ですけど、最近なんかちょっと神がかってる。読んでて時々震える。

早く単行本化されないかな。

タイム涼介本店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です