V.A.「Techno Sport」LP

↑を入手したことで久し振りに聴いた。

90年代の日本テクノ史にその名を残す「SONY TECHNO」いわゆる”ソニテク”シリーズの金字塔的オムニバス盤。

“ソニテク”って何?っていう事に関しては、はてなのキーワード解説がとても詳しいので説明は避けますが、数年の間に怒涛のようにリリースされたテクノの名盤・奇盤シリーズの中で、これは個人的に一番聴きまくっていた一枚です。

なにが凄いって、とにかく参加アーティストのラインナップがもの凄い。まるで神々が一堂に会したギリシャ神話のよう。

中身も当然3000円(だったかな?)でおつりが来るほど盛りだくさんで、デトロイト・日本・UKなど、当時の主要なシーンの国・ジャンル(?)の大体を網羅してる。また、ライナーノーツのボリュームもたっぷり。各アーティストの詳しい経歴がびっしり記されているので、その点で言えば資料性も極めて高い。

今聴けばどうしても時代を感じてしまうわけだけど、今でも時々思い出すように引っ張りだしては良く聴いてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です