くるり「Superstar」single

Superstar

Superstar

 そういやシングルだしてたのをすっかり忘れてて、さっき買ってきました。

 ここ最近のくるりといえば、一時期のエレクトロニカ思想はだいぶ減って、といっても初期の音楽性ともすこし違う感じ。昔ほど排他的な音を出すでもなく*1、変にポップすぎるわけでもなく。

 僕がくるりを好きな理由の一つに、ルーツミュージックに対するシンパシーを音の端々から感じることが出来るから、というものがあるんですが、最近はそれがもっと強まってるようにも思います。

 ちなみに、くるりはここから4ヶ月連続でシングルを連発するそう。バンドの状態がいいってことなんだろうね。

 また完全に余談ですが、CDの中にジャケットのグラスマン(芝生男)?のシールが付いていたので、僕のニンテンドーDSに貼っておきました。

*1:別に初期も排他的ではなかったわけですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です