OZMA「Rock And Roll Part Three」LP

Rock & Roll 3

Rock & Roll 3

 昨年の7月に惜しくも解散してしまった、(weezerファンたちに)Weezerサウンドの正統後継者と言わしめたパワーポップバンドの2nd。何せ彼らの最初期のライヴはオリジナルよりもweezerのカヴァーばかりだったし、彼らも多大な影響を受けている事を隠そうともしていなかった。

 僕がOzmaを知ったのは3,4年ほど前のmp3.com。当時は良質なインディーバンドの音源をタダで聴きまくれたのでかなり重宝していた。余談だけど、その中で僕が惚れ込んだのはこのOzmaとAt the Drive-inだった*1

 ロマンチックなシンセとゴリゴリのギター、頼りないヴォーカルと、聴き方によってはweezerよりもweezerらしい雰囲気。ただメロディはOzmaの方がややロマンチックでオリエンタルなテイスト(気のせいかも知れないけどちょっとロシアっぽい)。とにかく耳に残るメロディラインとポップなサウンドはかなり万人向けと言える(特に保守派の初期weezerファン)。

 ちなみに、このアルバムにはヴァージョンが2通りある。純粋に曲タイトルだけの違いなんだけど、初期リリース品には”Natalie Portman”という曲があり、これが何かにひっかかったのか、ある時からこの曲タイトルが”Natalie”になってたりする。

*1:アットザ~に関してはメジャー作品からの音源も惜しげもなくフリー公開してた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です