コンスタンティン

 久し振りに映画館まで足を運んで観に行ってきました。別に「スゲー観たい!」ってわけでもなく、むしろ映画そのものよりも「美味いコーラとナチョスを食いながら観たい」という感じで足を運んだわけです。ただ、ナチョスは品切れだったようでキャラメルポップコーンで我慢しましたが…。

 「スパイダーマン」「バットマン」同様、この映画もアメコミを元にしたもので、原作名は『HELLBLAZER』(シリーズ)。ロウブロウな主人公のキャラ設定がなかなか良いです。

 映画自体は正直、ハリウッドハリウッドした作品にしては盛り上がりがイマイチでした。悪魔やら天使やらがボンボン出てくると予想していた僕としては、「そんなもんか」という気分です。確かにモノはチョコチョコと出てはくるんですが、デザイン的に”遊び”が少ないというか、造型のインフレ感が足りないなぁ、という感じ。

 ただ、シナリオ的にはモロアメコミで、それが嫌いじゃない僕としてそこそこ満足しています。やたら壮大な世界観とか、並行世界が交差する設定とか、そのスケール感はさすがです。また、地獄のヴィジュアル表現も良く出来てます。

 ちなみに4/22にPS2でゲームが出ているようです。

—-

404 Not Found(原作コミックのリリース元サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です