新宿のヨドバシで

 DS用ソフト「PAC-PIX」を触ってみましたが、驚異的なまでに面白くないゲームでした。製品版を遊んだわけではないので、正確な情報を得ていない事によるものなのかもしれませんが、正直あのプレーンなフィールドを何面も遊ぶ気になれません。モンスターも(恐らく)単純なランダム動作を繰り返しているだけのような気もしますし。

 なにより、ただ「絵を描いてそれが動く」というシステムならば僕は「びっくりマウス」のほうがゲームとしてちゃんと成り立っているような気がしてなりません。DSの特徴である上画面の活用も”おまけ”程度で、1画面でも普通に完結しそうな仕様です。

 ナムコの迷走期はまだ続いているようです。

 ちなみに、僕は「千年家族」を買いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です