金色のガッシュ!!

金色のガッシュ!! 19 (19)
雷句 誠

小学館 2005-01-14
売り上げランキング 357
おすすめ平均 

Amazonで詳しく見る  by G-Tools

 恥ずかしながら、今日初めて1巻から一気に読みました。殆どの方はご存知かもしれませんが、とても面白くて良い作品です。骨格にゲーム的な要素*1を採用するという”今風”の設定ではありながら、愚直なまでに熱い”友情”を描くことを貫き通すスタイルが、個人的に大好きです。事実、読みながら3,4回ほど目頭が熱くなりました。

 なんというか、現在この”正当熱血マンガ”スピリットが色濃く生きているのは、少年ジャンプではなく、藤田和日郎*2から受け継がれた少年サンデーだったんだなぁ、とこの作品を読みながら思いました。もはやジャンプでは、尾田栄一郎「ONE PIECE」だけが最後の砦です。「ドラゴンボール」目当てだった小学生時代からずっと読んでいるので*3、なんというか、少し寂しくもあります。

*1:この作品では"エレメントの概念とその性質" "レベルの概念" "(原則的に)1vs1の対戦ルール"が考えられる

*2:「うしおととら」からだろうか?

*3:個人的に最も長い購読マンガは、4歳から読み続けている月刊ジャンプ(駄作7割に対し良作2.7割、そして大傑作0.3割という特徴を持つ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です