真波プー「キノコ島の奇跡」

 あくまでも個人的な推測と感想。

 なんとなく今作は真波プー(敬称略)の持ち味をフルに活かしきれてない感触だったなあ。前二作に比べて、どうも少年誌のフォーマットに窮屈に押し込まれているようで、いまひとつ飛び抜けずにいる印象を受けた。やっぱりジャンプ本誌掲載ってことで、編集にいろいろと突かれたりしたんだろうか。

 あと、絵柄もちょっといつもより冒険が少なくて、これも窮屈そうだった。もっとグラフィティっぽさを前面に押し出して欲しかったなぁ。個人的に。

 まぁ、もちろん話の出来や画力、センスは凡百の作品を凌駕する完成度ではあるんだけど、いちファンとして、もう少し高いレベルの作品を読んでみたい、とつい思ってしまう。

あと、結構”真波プー”で検索してくる人多いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です