SこしFしぎ

 最近また、北野勇作「昔、火星のあった場所」を読み直している。この人の作風は昔から好きで、大体の作品を読ませてもらっている。僕が今現在リクガメを飼育しているのも、「かめくん」を読んだことによる影響。我ながら判りやすい話だなあ。

 作品を読み直して再び思うことは、相変わらず牧歌的で掴み所の無さそうな文体がとてもよい。

 そういえば、最近mixiでその北野さんとコンタクトを取ることが出来たのだけど、やっとこのサービスのメリットを感じることができて安心した。それまで、どうもこのサービスを有効に活用する方法が判らなかったので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です