SHERBET「SHERBET」AL

SHERBET

 横浜で誕生した”伝説”の3ピースバンド。って書くとどうも胡散臭くてダサい印象を与えてしまうかもしれないけど、これが本当に泣けて燃える最高の一枚。

 彼らの特徴は、低音担当Vo./B.岡田と高音担当Vo./G.マコのツインボーカルで、曲中何度も二人が絡み合う様は本当にカッコ良く、ハードでマッシブな曲もあれば、泣きメロ炸裂の曲もあったりと、その多面性にも惹かれた(それでいて3ピースだよ?)。

 シャーベット自体はこのアルバムを出した後解散し、岡田を中心としたハードコア要素を追求していく”TUMB(サム、すでに解散)”と、マコを中心としたメロディの美しさが際立つ”REACH(リーチ)”へと別れていく。この事からも、この三人が同じバンドとして存在していた事が”伝説”として語り継がれる理由でもある。

 90年代後期、本当に、涙が出るくらい本当に素晴らしかったパンクシーンを知りたいならばこの「SHERBET」と、HUSKING BEEの1st、「GRIP」は絶対に押さえておくべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です