Autechre「Confield」AL

Confield

日によって、苦痛で聴くに耐えないときと、ぼんやり聴き入ってしまうときがある。無機質なサウンドの中に温もりを込めようとしたクラフトワークとはまさに対極。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください