”ブルース・オールマイティ”を観る

最近のジム・キャリーが最も映える[笑い]と[シリアス]の比率を踏襲した手堅い作品。顔芸健在、って感じだ。そういえば僕がジム・キャリーを初めて知ったのはどの作品だったろう。『マスク』?『ケーブルガイ』?そう考えると、この人も年をとったものだなあ。そりゃあ皺も目立つようになるよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です