さすがイッギ・ドルーゲさん

ゲームについてその1 – イッギ・ドロゥーゲの日記

 イッギ・ドロゥーゲの日記(id:idrougge)を細々とチェックさせてもらっているんだけど、この10/13の”アウトラン2″のレビューがとても鋭くて、舌を巻いた。僕は実際に触ってはいないのだけど(動いている所は見た)、この記事を読んでセガの悪いというか、マヌケな所は変わってないなあ、としみじみ思った。あそこのリメイク作品(や続編)の作り方って(もちろん全部ではない)、中途ハンパに今風のフォーマットに迎合してしまうんだよな。まぁ、それはセガだけじゃないか。

そして音楽。VGM(ビデオゲームミュージック、すなわちゲーム音楽)史を揺るがせた三名曲パッシングブリーズ、スプラシュウェーブ、マジカルサウンドシャワーがこんな時代にも揃ってますが、いったいどこのだれがあの綺麗な初期FM音楽を派手なサンプリングエレギターに変えてしまったのかい?幸いXB版ではちょいした技で本物の音楽が取り戻せるけどアーケードの場Yにどうする?新曲のあまりの下品な程度のためキッチュ性でまあ楽しめるだろう。(笑

まったくその通りだ。それなら新曲入れとけよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です