The Beatles「Let It Be」AL

Let It Be

今月のロッキングオンに、ジョンとポールの出会いについての記事があって、それを読みながらこれを聴いていた。この一枚はそれとは逆に、既に修復不可能な状態であったバンドの雰囲気が強く感じとれる。”Let it be”や”Get Back”で歌われるポールのジョンに対する心境を聴くだけで、僕は少し寂しい気持ちになる。そして、そのジョンがもはや存在していない事も、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です