ハリーポッター第6巻でまた誰かが死ぬそうです

CNN.co.jp:404

ロンドン(AP) 「ハリー・ポッター」シリーズの著者J・K・ローリングさん(39)が8日、同シリーズの公式ウェブサイトで、来年発売予定の最新号第6巻「Harry Potter And The Half-Blood Prince」で、登場人物の1人が死亡するとのシナリオを明らかにした。

たしか現在刊行されている第5巻でも一人死んでいるはずだと思うので、この物語も予想よりもガンガン人が死ぬストーリーのようですね。個人的には少し意外です。

というのも、こうやって要点要点で人を殺してカンフル剤とするのは日本の物語の特徴だと思っていたからです。もちろん、海外作品でも数多く存在するのは分かっていますが、節操なくボンボンと殺していくのは日本のマンガや安っぽい小説に多く見られますし、外国人の方はそういった悲劇を極端に嫌っているんだろうな…という印象があったので。*1外国の読者の方に対して、こういった”殺し”ファクターの使い方は盛り上がりを高める効果があるんでしょうか。一度話を聞いてみたいところです。

余談ですが、僕が触れて覚えているエンターテインメント作品の中で、最も人を殺しまくる作品は「アークザラッドⅡ」です。シナリオが進むたび、人がまるで日めくりカレンダーのように死んでは登場、死んでは登場を繰り返していたような気がします。

よく覚えているのは、当時ファミ通のクロスレビューで編集者”水ピン”が「人が死にすぎる。こんなにプレイしていて気分の悪い作品はもう遊びたくない」と(いった意味のような事を)述べていた事ですね。

*1:ほら、実写版映画「フランダースの犬」のエンディングとか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です