今日から正式リリースされる

FOMA900iシリーズ向けサービス「BEFORE CRISIS -FINAL FANTASY VII-」だけど、あのゲームの構成って、許されるの?…というのも僕は、あの湯水のようにDLするデータ構造にすごい抵抗を覚えてしまうからだ。

詳しくはここのページを見てもらいたいんだけど、流動的なデータサイズの異常なこと!*1これが定額サービスの確立されているAUのサービスならまだ理解できなくもない。だけどこれ、Docomoだよ?”パケホーダイ”っていっても、実質1万円程度の負担がかかるんだけど…*2

まぁ、この「FF7」以外でも、結構こういうユーザーのパケット代負担ってものを考えないアプリはゴロゴロあるので、このサービスだけが悪い訳じゃあないんだけど。

ただ不思議に思ってしまうのは、作ってる方はあんまりこういうのって気にしないのかな。定額サービスを受けていること前提に作ってるってわけじゃないよなぁ。

僕なんて、最近自前でデバッグとかしてるから、端末に表示される”通信中”マークが出るだけで頭の奥から「チャリーン」って音が聞こえる気がするってのに。

*1:しかもよく分からないのが、装備品のマテリアを切り替えるだけで、どうして25KもDLする必要があるんだ?!

*2:ちなみに、βテスト中に3.4回遊んでみたけど、ものすごい月末が怖くなってしまったので、封印した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です