神経攻撃

ここ最近、特に去年の冬にカメを飼い始めてから、頻繁に手を洗う。たぶん、カメのフンや尿酸の処理を行うので「汚れている」ことを意識的に感じるようになったからだと思うが、「まさか軽い潔癖症になりつつあるのか?!」的な心配が少しある。というのも、手を洗う以外に、いろいろと心配な現象を自覚しているため。

たとえば、浴室やシンクなどで濡れた抜け毛を発見する。すると僕は無性に吐き気をもよおす。たとえば、誰かの飲んだペットボトルを「飲んでいいよ」と言われ、飲む時に強い抵抗を感じてしまう(昔はそんな事はなかったように思う)。他にも細かい事をあげればキリがない。

たしかに、昔から僕は神経質なところがある。修学旅行などのイベントの前日、すぐに風邪を引いてしまう。サッカー部でも、練習以上の実力を試合で出せたためしが無い。昔の僕は、地面に落としたお菓子も洗って平気で食べていたし、手なんて一日二回洗えばいいほうだった。

こんな所でも、年齢を重ねた事による変化が起きている、という事なんだろうか。ここ最近こういう事を考えると、成長というよりも”クラスチェンジ”が行われたかのようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です