「Kimochi」- 海外エロゲー界のsteam(テキトー)

最近、ちょくちょく海外で開発されているLewd Game(エロゲー)情報を漁っている。

自分は日本在住なので、国内のその手のゲーム(同人含む)について、リリースやレビュー等、比較的容易に情報入手ができる。一方、海外発のその手のシーンは(当然ながら)所謂洋ゲーメディア(doopeやAutomaton等)から無視されがちなのもあって、なかなかその動向が分からない。

なので、Lewd Gameシーンが今どんな感じで発展しているのか、とても興味が出てきたためだ。(以上長ったらしい言い訳終了)

(ここから先NSFW、いい年した大人のみ展開すること。)

で、先日、その流れでたまたま『Anthophobia』というゲームを見つけた。

ゲーム内容は”触手系”2Dプラットフォーマー。歩きまわるエネミーを銃で倒しながら進み、ゲームオーバー等、特定イベント時に触手系のエロシーンがインサートされるタイプのものらしく、プレイフィールは動画で観る限りまあお粗末な出来。ただ、その配信フォーマットが「Kimochi」という見慣れないものだったので、実際にサインアップ&インストールしてみた。

Kimochi.co
Kimochi.co

この「Kimochi」、今年の7月頃からスタートしたサービスらしい。試してみると、どうやらsteam的なマーケットプレイス+ライブラリ機能持ちのゲームプラットフォ―ムで、前述の『Anthophobia』以外にも大量のLewd Gameがラインナップに並んでいる。

Flashで作られた”イラマ”シーン再生アプリケーションから、ロックマン風プラットフォーマー、RPG、はたまたDoomクローン(スプライト書き換えでエロ化は古来よりの伝統ではある)まで。

いきなり始まるサービスシーン from 『Future Fragments』(加工済)

まあ国内のエロ同人シーンと似たようなものかもしれないが、影響されたサブカルチャー的には似ていても、やはり異なる生活圏から生み出される独特のオリジナリティ・匂いというものは確実にあって、とにかく全てのゲームが最高にワクワクした。
また、ひとつ興味深かったのは各ゲームの収益構造。

普通に売りきりタイプで販売されているものはもちろん、まだ開発中のタイトルに関しては、Patreon.comを通じた毎月(またはアップデート毎に)少額ずつカンパを募りつつ完成を目指しているもが多い。ギスギスしがちなKickstarterとは対照的に、開発と受け手、マイノリティな好事家同士の良好な関係性が感じられる。

Patreon.com
Patreon.com

Kimochiを導入さえすれば、各タイトルのインストール、アップデートは超手軽にプレイできるので、開拓者精神あるゲーマーは遊んでみるといい。

現時点でプレイしたのは前述の『Anthophobia』とドットベースのエロシーンに気合が感じられるロックマンライクな『Future Fragments』、中文なので正直全然進めなかったが、性癖と勢いに圧倒された、自キャラ(!)が触手なRPG『SimTentacles』など。どれもクセがすごすぎてクラクラする。

スライム堕ちネタもバッチリ押さえるソツのなさ(加工済)
スライム堕ちネタもバッチリ押さえるソツのなさ

個人的に、「Kimochi」がどこまで発展するのか含め、Lewd Gamesシーンは定期的に追っていきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です