路傍の影より

一度だけ、「社長が訊く」に出た事がある。

当時のいろんな偶然や巡り合わせや、その他諸々が重なり、有名でも大したヒットを出してもいない自分が呼ばれた(もちろん自分一人なんかではなく、何人かの中のひとりとして)。

お会いするまで、流石にド緊張していたのだけれど、あの誰もが知っている屈託の無い笑顔を見た時、なぜだかホッとしたのを覚えている。

たいがいこの手の対談だったりインタビューでは、進行役になる編プロの方がいるものだ。
だが、あの企画はそんな人などいなかった。

ご自分で考えた質問を(胸元から小さなメモを取り出し)、ご自分の言葉で開発者に質問し、場を回していた。

その時の事はいまも忘れられない。まだ30歳になるかならないかくらいの、まだ大きな事を何も成し遂げていない自分のような人間に対しても、同席したベテランの方々と変わらず、いち開発者として接してくれたのを僕は忘れない。

今の自分があるのは、30年前から必死になってゲームを作ってきてくれた先人たちのおかげだ。

今僕が斜陽だと言われてもビデオゲームを作ることににこだわり続けているのは、そんな偉大な先人たちが生み出して受け継いできたマジックを信じているからだ。
面白く、心を揺さぶり、10年後「ああ、あの時遊んだあれ、面白かったな」と思い出してもらえるようなゲームを作り続けていきたい。

本当はもう一度、今度は偶然やら何やらの力を借りず、自分の力であの場に呼ばれたかった。お礼を言いたかった。

 

今はただ寂しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です