eat or die –「Don’t Starve」

2013-04-14_00002Don’t Starve (Klei entertainment 2013: PC)

2.5Dのバートン的世界観で遊ぶサバイバルキッズこと、『Don’t Starve』をいっちょかみ中。

巷では本作を「Minecraft的なゲーム」と評する輩が多いが、同じなのはただ「クラフト/レイアウト要素がある」それだけ。むしろプレイヤーの「好奇心」そのものがゲームプレイの牽引役であるMinecraftに対し、本作は「ほっといたら死ぬ」パラメータ的な制限をベースに『食う > 歩く > 探索 > 環境を整える > 行ける距離が増える > 新たなリソースを入手』という、非常にゲーム的なドライブ構造で作られている。

このプレイ感…。我々はこのゲームを知っている!
いや!このビジュアルとゲーム構造を知っている!

そう。このゲームは12歳年の離れた『エンドネシア』の血のつながらない兄弟。即ちベリー = うまちゅぶである。

エンドネシア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です