Lunasa「Lunasa」LP

Lunasa

Lunasa

 ケルト音楽の雄、ルナサのデビューアルバム。伝統的なアイリッシュを演奏しつつも、独自のアレンジ(ギター・ベースなど)を加え、オリジナルでスピーディなテンションを生んでます。でしゃばり過ぎないのに、スカっとした疾走感がいい。また、とにかく演奏が上手い。”演奏家”っていう呼び方がピッタリくる感じ。

 ケルトっつーと、最近だとゲームとかテレビとかでよく耳にすると思うので、結構誰でもすんなり耳に入って、楽しめるんじゃないかなあ。ワールドミュージック?っていうのに興味があって、最初に何聴こうかなって思ってる人がいたら、僕は迷わずこれを差し出します。自信を持って薦められる。

 聴いてると、酒場でとにかくビールが飲みたくなる。たぶん”ロード・オブ・ザ・リング”の観過ぎだ。一回しか観てないけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です