駐輪場で子猫に遭遇

 生後3ヶ月程度の子猫が僕の自転車の近くでうろついていた。気まぐれに手を差し伸べてみたところ、人懐っこくじゃれてきて、ふと、強く僕の部屋に招待したくなってしまった。

 しかし、僕たちの間には様々な問題がありすぎる。結局、僕と彼女(暫定)はすれ違うだけの運命だったということなんだろう。

 とかなんとか、思いつきでだらだらと書いてみたけど、まったく意味を見出せない文章だなあ。まぁ、たまにはこんな日があってもいいかな。(とはいえども、いつも意味のある文章を書いているかと言われると…)

 そういえば、せっかくだからその子猫の写真でも撮っておけばよかったな。カメラ付き携帯を持ってからもう4ヶ月程たつけど、未だに”写真を撮る”というアクションが習慣として未だ僕自身に定着していない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です